ニュースの本文

省級政府仕事の質審査グループが中国パンダ保護研究センター都江堰基地へ出入国したパンダの検査検疫を審査に行く

2015.Oct.1214:05:00  Infomation  作者:CCRCGP 编辑:dongwc

 2015年10月11日午後、省級政府仕事の質審査グループ組長の国家質検総局副局長梅克保、副組長の国家質検総科技司局長武津生、交通輸送省科技司副審査員鄭代珍、組員王松、玫玫、徐成華、李育平、張倹など一行50人余りが出入国したパンダの検査検疫の状況を審査するために、中国パンダ保護研究センター都江堰基地に来訪した。研究センター副主任魏栄平が研究センター概況、人工飼育繁殖、野化訓練と野外復帰、交流と協力、救護と病気予防などの五つ方面について、詳しく紹介した。梅克保副局長は中国パンダ保護研究センターのパンダ救護、病気予防および野外復帰などの面に対して質問して、センターの成果もとても承認した。そのあとすぐに、成都出入国検査検疫局副処長胡さんが四川出入国検査検疫局出入国したパンダの検査検疫の状況を報告した。
報告のあと、中国パンダ保護研究センター副主任魏栄平に付き添われて、梅克保副局長一行は出入国したパンダの検査検疫の状況を実地調査した。順番に科研センター、獣医院、監護獣舎、隔離検疫区およびパンパン園、、双楠園、臨澤園、蝶泉園などパンダ展示区を見学した。梅克保副局長一行は、全部で都江堰疾病コントロールセンターの建築と構成に高く評価して、都江堰基地隔離検疫区の出入国したパンダの隔離検疫の施設と設備に肯定して、科研センター全員にパンダ保護事業中の貢献と成果で感謝と敬意を表示した。

このサイドをお気に入りに追加 | 最初ページの設置 | われわれについて | ウェブサイド地図 | 英語版 | メールアドレス| 管理
著作権は中国保護ジャイアントパン研究センターが所有する
love@pandaeyes.org  蜀ICP备06022313号-1